FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


ある金曜日、夫から早朝に、出張先から電話がかかってきた。
「急に明日ゴルフが決まった。
 先方の欠員で、たまたま出張のオレに話があって・・・
 ゴルフ場に直接ゴルフバッグを送ってくれっ!」

あ、明日ぁ~?それは無理では・・・

夫から指定された宅配便会社に電話をかけた。

「プレー日が明日では、お引き受けできません。
 最低でも前日にバッグが到着してないと、責任問題になりますので」

・・・そうだろうな~。
う~、もちろん無茶を言うこちらが悪いんだけど、
それに、ちゃんとしたマニュアルどおりの対応なんだろうけど、
声が冷たい・・・しょんぼりとなってしまう。

ネットで調べて、違う会社に電話してみる。
が、どこも「プレー日が明日では・・・無理です」

夫に報告すると、

「まあ、そうだろうな。前日では無理だわな。
 ↑(ってオイ知ってたんかい!)
 じゃあ、送り先はゴルフ場じゃなくていい。
 オレが営業所まで取りにいくから、間に合いそうな会社に頼んで!」

私が支店に直接バッグを持ち込む→
夫が営業所まで身分証明書を持参して取りに行く
という計画。

時間がどんどん過ぎることに焦りながら、
何軒目かの電話でそう話すと
本社営業部の方に電話をつないでくれた。
またダメだろうな~と、あきらめ半分でその男性に事情を話すと

Mr.「そういうことなら大丈夫です。おまかせください!」

と、明るい声で引き受けてくれた。

断られることを予想して話していたので、拍子抜けした。
私の携帯は、すでに汗でびっしょり。
ミスターはささっと便の到着時刻を調べ、

Mr.「夕方までに支店に直接持ち込んでくだされば、
  明日の朝には営業所に届きます」

ゆ、夕方で大丈夫なんですか?

Mr.「大丈夫です!
  ご希望の営業所に車が到着するのは、朝9時位ですが、
  幸い、ご主人様のプレー開始が遅い時刻のようですので
  夜の間に走る便で大丈夫!イケますよ!」

あ、そうなんだ・・・

トリル「あっ、ありがとうございますっ!すぐ持って行きます」

Mr.「支店の場所はわかりますか~?
  支店と営業所に事情を話しておきますので、
  手続きが終わったら、私にお電話ください。
  間違いのないように、便をもう一度確認しますので!」

トリル「あっ、ありがとうございますぅ~」

あせりから変な汗を大量にかきつつ、
ゴルフバッグにシューズをぎゅうぎゅう押し込み、
地図を見ながら、車でちょっと遠い支店に到着。
重いバッグを半ば引きずりつつ、店内へ。

受付の女性が
「はい、伺っております」と送り状を出してくれて、
無事手続き完了。

処理が済んで、一気に脱力したが、
おっと、ミスターに電話をかけなきゃ。

トリル「ありがとうございました。
  おかげで本当に助かりました。
  無理なお願いですみませんでした
  もー、本当にあせっちゃって・・・あはは・・・」

と、お詫びしつつ、なぜか気がゆるんで笑ってしまったら
ミスターもつられたように笑いだし、何だかよくわからない状況に。

Mr.「アハハハ~~~!
  いいえ~、当社をご用命頂き、ありがとうございました!
  またご用がございましたら、どうぞご連絡くださいね~!」

・・・このミスター、すごいなあ。
「メンドクサイ依頼だなあ」みたいなことを
みじんも声ににじませなかった。

電話の声って意外と色々なことがバレるもので。
言葉遣いはきちんとしていても、
声の調子から気持ちはダダモレになる。
「微笑を含んだ声で応対するように」と、OL時代は言われたなあ。

多分ミスターは、電話応対コンクールに出たら、
上位間違いなしだろう。
仕事の成績もいいんだろうなあ。
イレギュラーの対応ができる人は、かっこいい。
(うちがそんな状況を作っておいてナンだけど・・・)

半日以上がこの騒動にかかり、
私もホッとしてグッタリして夜まで寝てしまったけど、
「かっこいい人だったな~」と爽やかな気分だった。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |