FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


今、長襦袢の袖を縫っているのですが・・・

うまくいかない!

袖は「無双袖」

ご存知のとおり、
表も裏も同じ生地の「袷」の袖です。
片方の袖だけで、袖丈の4倍の長い生地が要りますね。
なぜ裏まで同じ生地かって。
「振り」の部分は裏側ばっかりが見えるからです。

襦袢って、着物を着てしまえば
見えるところは「袖口」と「振り」だけなんですね。
(その袖口もほとんど見えないわけですが)
襟は半襟つけちゃうし。
こんなことを言うのはナンですが、
”絶対に人前で着物を脱がない”のならば、
襦袢は「振り」だけなんとかなってればいいのです。
お洒落さんの発想ではないですが。

前にも書きましたが、私は和裁の本を間違って買い、
基本も知らないのに、中級からプロ用のものを持っています。

それで図解などをじっくり見てみたのですが、
袖下の部分の縫い方が、どうしてもわからない。

簡単な本を買おうとして、本屋に行ったら、
和裁の本が売ってない。
二軒行ったけど売ってないんですよ?びっくりしました。
需要がないの?それともたまたま?

売ってるのは、着物をリフォームして洋服を作るとか。
着物をバラして小物を作るとか。

着物スプラッタ方面ばっかり。

手芸屋さんに行けば、
「浴衣の作り方」の本だけ。

図書館にも行って色々見ましたが、
単(ひとえ)の袖の作り方ばっかり。

ネットで見ても、あんまり詳しい作り方が出ていない。

素人には無理ということですか?
もう、現役の襦袢の袖をバラして、研究するしかない?


仕方がないので、パッと見わからないように
何とか袖下をおさめている途中ですが、
私に和裁の先生の友達がいたら
多分絶交されるような縫い方でしょう。
「見損なったわ!」みたいな。
きっとプロなら、ちょっと見ただけでヘンだとわかる。
自分でも着物に申し訳ないとさえ思う。

NHKのおしゃれ工房で、
「着物のちょっとお直し」を拝見しましたが、
紅色の襦袢を大事にされている方が出演されていて、

ほんのちょっと見えるだけの襦袢なのに
白い着物に襦袢の振りの紅色が映えて、美しい。
少しの面積しか見えないのに、ものすごく効いている。

おしゃれな方だなあと思いました。
「赤い襦袢はちょっと・・・」なんて思ってましたが、
意識が完全に変わりました。

たまにある内輪のお茶会でも、すごくおしゃれな人がいる。
クリスマス茶会にツリーのオーナメントを
根付がわりに帯にはさんできたり。
半襟をツリーカラーにするために、スカーフを襟に縫い付けてみたり。

正式な茶会では、女性は色襟はほとんど許されず、みなさん白で、
また伊達襟もよろしくないということで、しないのです。
内輪の茶会は正式ではないので、着物は紬でもOK。
着たいものを着放題です。
とにかくテーマに合えば、何でもアリの自由茶会です。

しかし、スタンダードな着方だけで精一杯の私は、
色や柄や小物で遊ぶ余裕もなく、面白みがないよねと反省しています。

今年はもうちょっとおしゃれにいこう。
袖でつまづいてる場合じゃないな。

スポンサーサイト



とある事情で、規定時刻に間に合わせるために
よりによって
パンプスで走らなければならなくなって、

久しぶりに(イヤイヤだけど)走ってみたら、
足が全然上がらない・・・

そしてすぐに息切れ。

毎日けっこう歩いてはいるつもりなんだけど、
「歩く」ことと「走る」ことは
筋肉の使い方が、もしかして全然違う?

若い頃、めちゃくちゃ広い会社内を
毎日歩き、走り、していましたが、
やっぱり全然太らなかったなー。
一日、通勤も含めて一万歩ある日もあったくらい。
たいてい八千歩くらいだったかな。
面白いので、スカートに万歩計をつけてました。

きっちり家事をしていれば太らないなんて
誰が言ったのか。
特に掃除。

家事って、案外使う筋肉が決まってるんですよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・

喫茶店が混んでいて、待ち時間に週刊誌をパラパラしていたら。

「体温が低いと老ける」

ほう。

36.2℃はあった方がいいらしい。

「老け」問題は同世代間に恐怖を与える。
同級会が重なっていた一昨年、昨年、

「若いよね~」「・・・老けたよね~」

そんな声のなんと恐ろしかったことか。

「太ったよね~」「昔と変わらないね~」

・・・みんな無意識にチェックしている。コワい。


「昔」を知っている分、評価がシビアなのだ。
ファッションチェックまである。
意外と油断できない会である。


エステに行くと、先生が

「あ~、同級会ね。それで来る人は多いね」

と笑う。

「昔を知ってて」なおかつ
「久しぶりに会う人」がコワいのだ。

週刊誌によると、体温が低いと新陳代謝が活発でなくなり、
せっかく新しい皮膚が出来ても
交代が遅くなったりとか、弱い皮膚ができてしまったりとか、
見た目にかなり影響する。
皮膚感は、「若さ」とイメージが直結している。

体を冷やすのが最も良くない。
免疫力も落ちる。

免疫力は膠原病患者には切実な問題である。

私はたまたま流行りのインフルエンザにかかっていないけど、
(まあ、必死にうがい・手洗いをしてましたが、
 それで防げたというより、本当にたまたまだと思う)

インフルエンザのウイルスで、スティルの引き鉄を引かれたらたまらない。

インフルエンザ自体の恐怖より、そちらの方が怖い。


筋肉つけて、基礎代謝をあげることって大事なんですね。
運動靴なら普通に走れるだろうか。
ちょっとやってみます。

1月も半ばを過ぎてしまいましたが、

あけましておめでとうございます。
今年も読んでいただけたら嬉しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年5月より、家の中の大整理に着手しましたが、
思ったより簡単ではなく、
年末まで大騒ぎしました。

まだまだ整理整頓したいので、
体の調子をみながら、ぼちぼちがんばりたいと思います。
これが今年の抱負かもしれない。
前向きな意味での身辺整理です。
他にもやりたいことは山ほどありますが・・・

それで、年始は年始らしく、いつもの行事に終始し、
忙しい友達がお正月休みに誘ってくれたりもし、
食事やお茶をしたお店で、5時間もしゃべってしまい。
(・・・気持ち的にはまだしゃべれましたが、
 私の用事でタイムアウト)

会社を経営してる友達ですが、
色々と面白い、勉強になることを聞かせてくれて、
社会で働く生活から遠ざかってしまった自分に、
喝!を入れてくれました。
(彼女は普通に日常を話しただけで、
 そんなつもりじゃないと思うけど)

高校時代からの長いつきあいですが、
同級生っていいなあと思いました。

そんなこんなで、昨日、
昨年からの疲れが出たのか、布団から出られなくなってしまい・・・

体が重いのです。

起きなきゃ・・・と思うのですが、
どうにも体が動かない。

別に熱があるとか、そういうわけではなかったのですが。

「何だろう?再燃の予兆?」とか考え始めると、
何だか恐ろしいことになりそうなので、
「疲れが出ただけ、そうそう」と、自分を前向きに偽りつつ、
昼くらいにベッドから抜け出し、
軽めの家事をはじめました。

洗濯は、母か私か先に起きた方がやるので、
(たいていは私は5時起きなので先)
すでに干してあり、
取り込みやアイロンかけ。

台所で食器洗い、夫の部屋の掃除など。

いつも思うことですが、
「体が動くってありがたい」

発病したときは、あまりの体の痛さに、
「何の病気だとこうなるの!」と不安でならず。

トイレにも自力で行けない悲しさに、つい暗い考えに傾き。

今まで先延ばしにしてきた、色々なことを後悔して。


自分の前に時間は無限にあると錯覚してましたが、
人間はいつどうなるかわからない。

そう病気は教えてくれました。

今でもしみじみ思うこと。
トイレに自分で行けるって、何とありがたいことか・・・

多分、プレドニン等の薬がなかったら助からなかった。
昔なら「謎の奇病」扱いではなかったか。

痛みの中で、食事もとれず、じょじょに弱っていったのではないか。

現代だから助かった。

そう思うのです。


もしかしたら、もう「余生」なのかもなあ・・・とか。


今年も再燃せずに生きていけることを。
少しは人様にお役に立てたらいいなあと思い。


今年もよろしくお願い申し上げます。



 | BLOG TOP |