FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年賀状を作ろうと思ったら、プリンターが動かなかったり、

年末年始に必要な物の買い物に行って、
「よし完璧!」と思っていたら、
年始のご挨拶の場所が急遽二ヶ所になり、
もうひとつお年賀が必要になって「買い物もう一回」とか。

慌ただしいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今頃クリスマスの話題でナンですが、
バレエ「くるみ割り人形」を見てまいりました。

今回初めてなのは、オーケストラピットがあるホールでのくるみ。
例年はピットがないところだったのです。
会場グレードアップ!?

大人の主役の金平糖(子どもの主役はクララ)が
最後のカーテンコールで、
舞台上でオーケストラピットにギリギリまで近寄り、
優雅にひざまづいて覗き込んだので

「?何をするのかな?」と思ったら、

とても低い姿勢で両腕をかわるがわる広げて
オーケストラの皆さんにお礼のご挨拶をしたのです。

おー!そういうことをするんだ。

と初めて知りました。
そういう姿勢でのご挨拶を初めて見て、
なんだか嬉しかったのです。
なんと美しい。

オーケストラピットの中は、私の席からはよく見えなかったのですが、

プリマの挨拶の直後、ピットにパッと明かりが灯り、
壁際の(多分)コントラバスのネックの先端が
いっせいに垂直に立ち上がったように見えたので、

あっ、これが返礼の仕方?
楽器を立たせるの?(違うかもしれないけど)

大きい楽器のネックの先端しか見えなかったので、
他の楽器の方々はどのように返礼したのか
今でも知りたいと思ってます。

指揮者の方は舞台の方を見て指揮をされますが、
演奏者のかたは、舞台に背を向けていらっしゃるわけで、
金平糖がご挨拶をしたときは、指揮者の方が
「返礼します」という合図を演奏者に送ったのでしょうね。

返礼・・・ピットの中が見たかった・・・

やっぱり生はいいですね。

いつも思いますが、バレエは踊りだけで気持ちも状況も表現し、
ひとことも口をきかない。

これでストーリーがわかるということが、すごいなって。

帰り道も贅沢な気分で。
踊りももちろんすばらしかったのですが、
あのご挨拶が、なぜだか一番心に残りました。



スポンサーサイト
最近、寝る前に楽しみにしている動画がある。
某動画投稿サイトで見ています。

女性誌?でもすでに話題になったそうですが、
田原俊彦さんの「抱きしめてTONIGHT」
ご存知の方も多いと思いますので、
今さら記事にするのも気が引けますが・・・

今月中に100万回の再生回数に到達するか?
カウントしていたら、一日に千回位、再生されているようです。

当時はこんなに意識していなかったのですが、
改めて見ると、このレベル。
まるでプロモーションビデオのよう。
話題になるのも当然です。
何度見ても飽きないエンターテイメント。

田原さんのダンス、表情はもちろん、
ライティング、カメラワーク、
美しいラインの黒のタキシード、肌の質感・・・
(カメラワークについてはコメントで一部、
「ムーンウォークが見えない」という意見がありましたが
 私はこのカメラワークが好きです)

完・璧。

そしてバックダンサーの動き。
バックダンサーはふたりいらっしゃり、燕尾服を着て踊りますが、
この燕尾服の裾の振り方がまた美しい。
シックでシンプルなステージデザインに、
衣装の赤のカマーバンドが映えています。

以前、芸能人が社交ダンスを踊る企画がテレビでありました。
そのときに思いましたが、
燕尾服っていうのは本当に優雅で、動くと美しいものなんですね。

失礼ながら、
田原さんは「音程に難あり」と言われたことがあるようですが、
私はそういうことは思わないですね。

確かに「バツグンにうまい」とまでは言いませんが、
歌を聴いていて、その情景がはっきり浮かび、
登場人物の表情までもわかります。

ドラマティックなんです。
これは楽曲の力も大きいですが、
聞き手に分かりやすいシチュエーションを提示し、
そこに歌う人が登場しているのです。

田原俊彦自身が歌の情景にいる。

音程がきちんと取れて、楽譜どおりに歌える人なら多くいる。
ちょっと聞いて、「うまいね」と思う人なら。
声を響かせたり、歌い上げたり。

でもなぜか感動がなかったりする。
どうしてでしょう。
これが「表現力」というものでしょうか。

私は音程など最低限でいいので、
歌謡曲は歌の中にドラマが見たい。
具体的なラブストーリーが見たいのです。

ところで歌の最後の方に入っているリズムに
フラメンコの手拍子みたいな音がありますね。
「凝ってるなあ・・・」と驚いたりします。

またこういう「歌謡曲」流行らないかな~。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。