FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


今日は3ヵ月ぶりの眼科。
マイボーム腺梗塞によるドライアイの定期検診。

涙(水分)は、以前の検査では順調だった。
ただマイボーム腺が機能不全であると、
油分が少なくて、水分が蒸発し、目が乾きやすくなるため、
ドライアイになってしまうのである。

ドアイアイは意外とこわい。
角膜を傷つけることもある。

もう自分的に、ドライアイは仕方ないと思っている。
以前は気が付かなかったけど、今は自覚している。
日常に不自由はないけど、
まばたきを止めるとあっという間に目が乾くのがわかる。

私の持病のスティル病(膠原病の一種)も関係しているかどうなのか、
「膠原病は水分のまわりが不安定になることがある」
と、眼科医は以前、教えてくれたので、
水分量にも気をつけ、
ヒアロンサン0.1の目薬を1日4回以上注すように言われている。

目薬は、パソコン前とカバンに常備し、気が付けば注している。

このところ、目にトラブルはなく、
ただ、マイボーム腺機能不全によるものかどうか、わからないけど、
冷たい水で顔を洗うと、目の周りの皮膚の薄いところが真っ赤になる。

それはもう、びっくりするほど真っ赤。
しばらくするとおさまるけど。

以前、一番ひどかったときは、目がすごく痛くて、
目のまわりの薄いところに、
ポツポツとすごく小さな脂肪のかたまりみたいなものが
たくさん出現した。

あれはマイボーム腺が詰まって、
行き場を失った油分のかたまりだろうな・・・

マイボーム腺の詰まりを針で取ってもらったら、
ポツポツは、しばらくしたら自然に消えたけど、
ひとつだけ大きいのが、左目下まつげのすぐ下に残っていた。
それはつい最近、ポロリと取れた。
まるでニキビの芯みたいだった。

今日の検診は、いつもどおり検査薬を点眼し、モニターで目を拡大。
前より黄色い点々
(乾いているところに検査薬が反応し、点々とマークされる)が
かなり少なくなっていた。

「あっ、だいぶいいようですね。また3ヵ月後に来てください。
 目薬は同じようにちゃんと注してね」

と、眼科ドクターは相変わらず爽やかにおっしゃった。
冬ほど空気が乾燥してないのも、良いのでしょうね。

ヒアロンサン0.1をひと月に3本消費する。
ヒアロンサン、私の目を守ってくれてありがとう。

(この目薬の正確な製品名はヒアルロンサンじゃなくて”ヒアロンサン
 いつも間違えそうだよ・・・)

スポンサーサイト



タグ : マイボーム ヒアロンサン

 | BLOG TOP |