FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


冬はやっぱりブーツが温かくて良い。

私は体質改善のため、下半身を温める健康法をしているが、
レッグウォーマーはともかく、
靴下を4枚履いているので、靴を履くときにちょっと大変。

ブーツは靴下を4枚履いた状態で試着した。
当然大きいサイズになった。
ブーツは冬だけのものなので、別に良いけど、
夏も冬も履く靴の場合、サイズが困る。

全部の靴を買い換えたわけではないので、
靴下の枚数によっては、履けない靴もある。

退院してから、冷え取りの本で紹介されていた
「排毒を促進する」と言われる絹100%と
木綿(あるいはウール)の靴下を交互に履いている。
現在、色々なメーカーが作っているようです。

夏は2枚、冬は4枚。
家用に気軽に履いているちょっとおしゃれなサンダルも
靴下のボリュームで、履き口が広がってしまった。
それでもぎゅうぎゅうで、不自然な歩き方になる。

夫に
「もうオッサン用のでっかいサンダルにしたら?
 そのうちお前のサンダルのヒモは切れるよ」

と言われ、ホームセンターで安い男性用サンダルを購入。

・・・履きやすいわ・・・
もう見た目はどうでも、歩行優先でいいわ・・・
これは家で履くだけだから・・・

しかし、これでうっかりゴミ出しに行ってしまって、
ご近所の人に会って、「あっ・・・」と思うこともあったりする。

着物の場合。

足袋は、足に吸い付くように合っているのがかっこいいわけだから、
さすがに下に靴下は穿かない。
でも絹の靴下は5本指だから、
1枚くらいなら穿こうと思えば穿けるかも・・・
しかしきっとキツキツになると思う。

どうしても下に靴下を穿くなら、サイズを上げるしかないかな。
でも見た目がダラダラになる気がする。
足袋って意外と目に付くもので、
足袋にこだわる人はオーダーメイドするくらいこだわるけど、
私は作ったことがない。

裏地がネルの足袋があって、これはびっくりするほど温かい。
当分これでいいか・・・と思っている。
オーダーメイドにちょっとあこがれつつ。

下駄や草履がキツイととてもつらいのは、
どなたも一度くらいは経験がおありだと思う。

私も浴衣のときに一度、鼻緒で足をひどく擦り、
その結果、足をかばって歩くので腰にきて、
とても痛い思いをした。
懲りたので、鼻緒を店で足に合わせてもらうことにした。

好きな台と鼻緒を選んで、お店のひとにすげてもらう。

お店の方に「足を見せて?」と言われ、裸足になった。
「ちょーっとさわらせてね」といって親指あたりにさらっとさわり、
もう鼻緒をすげ始める。

そのあと足袋を穿いて草履を試着。

ぴったりでびっくり!
ゆるくもないしきつくもない。

トリル「・・・足にちょっとさわっただけでわかるんですか?」

お店の方「わかりますよ。
      まあ見た目だけでもだいたいわかりますけどね」

ものさしで計ったりしないのだ。
職人の技に驚いてしまった。
左右の装着感に差がないか、
試着で数回確認して、微調整をし、完成。
右と左をきちんと決めないといけないので、
片方の裏側の土踏まずのあたりに
マジックで「右」と書いてくれた。

草履と下駄を両方作ってもらったけど、本当に足が楽。
なにより気持ちが楽になった。
もう腰にもこない。
履物って、すごく健康に影響するとしみじみ思った日でした。



スポンサーサイト



 | BLOG TOP |