FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


ステロイド性糖尿病を、私は心底恐れていた。
スティル入院中に検査をお願いしたこともある。

糖尿病はじわじわと恐ろしいのである。
私の親戚は、糖尿病で足を切断しているので、
その怖さが身に沁みている。

糖尿病患者は食事制限が厳しい。
私がスティルで入院していたときに、
同室に糖尿病の人が、入れ替わり立ち代わり入院してきたけど、
どの方もとても真面目だった。

入院したてに、ドクターやナースから血糖値や症状の説明をされたり、
生活習慣について質問されたりしているのを、
何となく聞いていた。
というより自然に耳に入ってきてしまうのだけれど。

うちの病院の糖尿病のドクターは厳しくて有名で
患者数も多く、とても忙しそうだった。
隣室から患者を叱る声も聞いたことがある。

私と同室の糖尿病患者さんたちは、何ひとつ余分なものを口にせず、
糖尿病の食事制限の厳しさを知らない見舞客などが
果物などをすすめても、ガンとして口に入れなかった。

エライ!
エライなあと思っていた。

歩くことをすすめられ、せっせと歩いていた。
「早く治して家に帰らなくっちゃ。家のことが心配」と。

私の病院は、糖尿病患者で歩ける、比較的軽症な人は運動も兼ね、
食堂まで歩いて行って食事をする。
私たちとは食事内容も違うため、
あまり見せない配慮も含まれていたかもしれません。

たまたま同室の私たちが配膳のタイムラグから
まだ食事中だったりしたときに、食堂から戻ってくると
「メニューはなあに?あら、おいしそうね~」
なんてこともあったりして、少々申し訳なかったりもした。

それほどにメニューは違うらしい。
炭水化物○g、たんぱく質○gなどと決まっている。

父の病院は私とは違うのだけど、
いつもベッド周りのカーテンが引かれている。
(私の病院は普段は開けっ放しだった)

トリル「来たよ~」
父のそのカーテンを開けたら、背中がギクッとしていた。

何をしている!

・・・お菓子を食べていた。

トリル「お菓子?食べていいの?先生がいいって言った?」

父「いいんだ。オレの糖尿病はお菓子と関係ない」

そんなわけあるかー!
だいたい誰に持ってきてもらったんだ!そんなデッカイ箱を!
まだ歩けない父には買いに行けない。
たびたびメールで
「果物持ってこい。お菓子持ってこい」という命令がきたけど、
無視していた私。

いつも家で食事前に酒を飲み、肴にお菓子を食べ、
それでも一人前の食事を平らげていて、
その後、必ず果物も食べていた。
当然、カロリーは許容量をはるかにオーバー。

入院中は当然禁酒。
酒飲みは酒を断たれると、糖分が欲しくなるのである。

お菓子をこっそり食べた後・・・
食事前ごとに計る血糖値。
数値を見て、目を疑うナース。

ナース「・・・何か食べましたね?」

父「いや?前の食事を全部食べたからじゃ・・・」

ナース「そんなわけはありません!
   全部食べてもこんな数字おかしいです!」

というやりとりを、見舞いにきた親戚が目撃したという・・・
数値は200をはるかに超えていたらしい。

食事も見たけど、思ったより量も多くて内容も充実している。
さすがによく考えてあると思った。
果物までちゃんとついていた。

私もプレドニンで異常に食欲が増進したこともあったし、
何か食べたい!という欲求ががまんできないこともわかる。

しかし、父は本当に危ないのだ。
目がおかしいというので、眼科に診てもらったら、
網膜はく離一歩手前ということで、昨日緊急手術となった。

トリル「・・・糖尿病の合併症じゃん・・・」

父「違う、それとは関係ない」

いつもいつも「でもそんなの関係ねぇ!」だ。
因果関係は明白なのに。
それを絶対に認めようとはしない。

脳梗塞を含め、糖尿病の合併症は一気に出てきている。

逃げてないで、そろそろ病気と向かい合わないと・・・
もう糖尿病を患って、10年以上は軽くたつよ。
認めて受け入れてやらないと、
いつまでも体の悲鳴を無視することになるんじゃないのかなあ。

ただでさえ糖尿病の悲鳴は小さくて、聞き取りづらいんだよ。
どこかがバーンと痛くなるとか、
熱がドーンと上がるとか、が無いし。
ジワジワと来るんだよ。

ナースにものすごく叱られて、
父はしぶしぶお菓子の箱を私に渡したのだった。

スポンサーサイト



タグ : スティル 糖尿病

 | BLOG TOP |