FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


脳梗塞を起こし、
救急車でいつもガン&糖尿病でかかっている病院に搬送され、
血栓を溶かす薬を点滴されている父でありますが。

左半身は、感覚はあるものの動きません。
しかししゃべるのは、ロレツが回らないながら絶好調で・・・

血管が安定するまで頭を上げてはいけないので、
食事は寝たまま食べます。
看護者がスプーンで口に運びます。

寝たまま食べる食事。
どんなもの?

メニューの紙が食事と一緒にトレイに乗ってきて、
「おかゆ」「白身魚のあんかけ」「かぼちゃの煮物」「プリン」など。

・・・・・・?

プリンはわかります。パッケージで。
しかし他のものはどれがどれだか・・・。

「嚥下食」ということで、各々徹底的にミキサーにかけられ、
ゼラチンか寒天で固めてありました。
パッと見、全部ゼリーです。
つぶつぶもなく、まったく滑らかで、
離乳食より徹底した、手間のかかっている食事です。
これを家庭で真面目に作ろうと思えば、手間は2倍。

それを「マズイ・・・」と文句を言いながら、口に運ばせる父。

トリル「そんなこと言うけど、
  こんな食事は三度三度家庭では準備できないよ。
  今はこれしか無理なんだよ。感謝して食べないと!」

父「うん・・・でもマズイ・・・もういい、プリンをくれ」

トレイの上には、
私がスティル病で入院のときに欲しかった「飲むゼリー」も!
ウィダーとは違いますが、口をちぎって自分で飲めます。
アイスのパピコみたいな形です。

あのときこういうのが欲しかったんだよね~。
体が痛くて起き上がれなかったから、寝たまま食べたかった。
この病院にはあるんだな~。いいな~。

嚥下食は頭を上げてはいけない期間だけなのですが、
おそらく3日間くらいで、そんなに長い間でもなく、
それならブドウ糖点滴でも、
短期間のカロリーは補えるように思いますが、

これは主に栄養目的ではなく、
できるだけ患者の口を動かさせて、
体の機能をこれ以上低下させないのが目的かと。
多分リハビリの一環だと思います。
シロウト考えですが。

しかし、いつも食事にうるさい父は嚥下食に耐え切れず、
少しだけ頭を上げて良い(角度は30度まで)時期になる直前から
柔らか物の固形食に変えろとナースに直訴し、
それが通り、固形食を食べています。

のどに詰まらせないか心配ですが、
酒もタバコも当然禁止の状態で、楽しみなのは食事のみなのでしょう。
それでも「病院の食事はマズイ」と文句を言いますが。
糖尿病なので、カロリーは控えめだし、味付けも薄い。

父はまだ60代と若く、
「病気を抱えながらも長生きするだろうな」と予想していましたが
こんなに早く、家族が食事を口に運ぶことになるなんて、
想像もしなかった。

前に「オレはよく死にかけたんだけど、いつも助かるんだよなー」
と話していましたが、よく聞いてみると
「自転車で走っていて、ものすごく深い側溝に落ちた」とか
「海水浴で高波にさらわれた」とか、他にもありますが
何となくどれも微妙で・・・

しかし、悪運の強さだけは認める。
「前世でどんな徳を積んできたんだろう」
と不思議に思うことが、これまでもたくさんありました。

今回も、
無茶苦茶な生活をしてきたわりに、脳梗塞で意識不明にもならず、
半身は動かないながら、
食事を文句言いながら食べることができる。

もうちょっと何かに感謝したほうがいいと思うよ・・・


スポンサーサイト



タグ : スティル病 脳梗塞

 | BLOG TOP |