FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


ボルタレン座薬(25mg)で、汗びっしょり。
熱は徐々に下がり、35.4℃まで。
ちょっと下がりすぎたかもしれません。

前の日の14時に使って、次の日の朝まで効いてました。
17時間位ですね。長持ち。(ボルタレンが大きいから?)
ステロイドや便秘薬は効かないのに、
ボルタレンやロキソニンはよく効く体質です。

病院に行く日の朝、再びジリジリと上がり始め、
病院では37.6℃。

-----------------------------

病院にて。

昨年の退院後、
「手足が痛くて発熱が続かないようなら、
 リウマチの可能性も考えて、整形外科の方が良い」
ということで、整形外科にバトンタッチされていました。

今回はスティル再燃かもしれないから、神経内科。
「39.5℃からさらに上がるかも」という不安を抱えて。
その上担当医のDr.Kが、もう病院にいらっしゃらないらしい。

でももしかして・・・と思い、受付で「Dr.Kは?」と聞いてみる。

「退職しました」

ガーン・・・・・・

「退職」
研修でも、長期休暇でもなく「退職」

担当医がいないことが、これほど不安だとは・・・
Dr.K、どうして・・・

しかし、
いつまでもロビーでショックを受けているわけにはいかない。
受付が閉まってしまう。
気を取り直して、他の医師にお願いする。

ドクターG

入院したときに、ごくたまに診ていただいたことのある、
ベテランドクター。

Dr.G「どうしたの~?」
トリル「熱が高くて・・・スティル再燃かと思いまして」

Dr.G「ふーん?39℃超えちゃった?
   (と、私が書いた症状の用紙を見て)
   ちょっと、熱が高いね。ボルタレン使った?」
トリル「はい、一回下がりましたが・・・
  今、病院で計ったら、37.6℃でした」

Dr.G「・・・再燃かどうかは
   すっごくたくさん検査しないと断定できなくてね・・・
   『除外診断』ってやつね。知ってるかな」

除外診断・・・これは大変だった。
あらゆる感染症、悪性腫瘍の可能性を
まず全部否定できてからでないと
スティルと断定はできないと、入院のとき知った。

断定されるまで、
血液検査、尿検査、骨髄穿刺
抗生物質をあれこれ変えて連日投与
レントゲン、心電図、CT×2、MRI、心臓超音波・・・

ちょっと考えるだけで、クラクラする。
またこれらを全部・・・

Dr.G「まあ、とりあえず尿検査と血液検査、いってみましょう。
   血沈もしましょうね。
   えーと、セットはどれにしようかな~」
   (と、血液検査項目をPC画面で選び始める)
トリル「はい、あっ、フェリチンも・・・リクエストしてください」

基本の検査セットにはフェリチンは入っていない。
シロウトが差し出がましいけど、お願いした。

スピッツ4本に採血となる。


スポンサーサイト



 | BLOG TOP |