FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


膠原病にはストレスは大敵!

ストレスを逃がすことが下手な私ですが、
今は「下手」では済まされません。

スティル再燃にかかわりますから。

---------------------------------------------------------

お仕事を受けました。

「無事終了までがんばろう!」
と思っていました。

「紹介先がちょっとトラブっててね~」
という紹介者の言葉も
「ちょっと・・・ね。ふうん」位の、安易な考えでした。

小トラブルなんてどこの職場でもよくあるし。
前の経験から、「何とかなるさ」と思っていました。

実際、大きい会社でも小さい会社でも、
内部は色々ごたごたとあるものです。

しかし!コトは考えていた以上でした。

直属のBossが、お仕事が苦手な方らしく・・・
(柔らかい言い方にしました)
転職者らしく、何かというと「前の会社とやりかたが違う」

これは禁句です。
超最大級の禁句です。

前の会社がどんなやり方だろうと、
今の会社にはぜんぜん関係ないからです。
誰からもまんべんなく嫌われる言い訳の見本です。

というか、転職してきてもう何年たったと思ってるんですか。

あんまり詳しく書けませんし、
面白くないでしょうからはしょりますが、

直のBossから振られる仕事の説明にミスが多すぎる。
(基本的にわかっていらっしゃらないらしい)
             ↓
私は言われたとおりに処理したが、
ミスを関連部署から怒鳴り込まれる。
(ミスを「指摘」ではなく、本当に「怒鳴り込まれる」んですよ)
             ↓
正しいやりかたを、私が頭をさげて関連部署に教わる。
直して再提出。
             ↓
関連部署はあからさまにイヤな顔で、
すごーくしぶしぶ教えてくれたが、
本部も支店も、うちのBossに良い感情を持っていないため

「来たばかりの君は、事情を知らなくてかわいそうだが、
 あのBossを助けることになるから、もう教えたくない」

との苦情が、複数私に伝わる。

(何?全社一丸となってBossを嫌ってるの?
 何をすると、ここまで嫌われるの?
 というか、こういう状態って変じゃない?
 業務に支障が出てるんですけど・・・)
             ↓
関連部署に協力を拒否されたので、
仕方なくBossの指示どおりに仕事をする。
             ↓
また間違い、私がお叱りを受ける。

・・・の最後の3行のループになりました。

「間違ってはいけない。社外に出す書類もあるし」ということで、
よその部署に確認をしたかったのですが、
それはことごとく拒否されたので、毎日お叱りを受けてます。

Boss!わからないなら、なぜ誰かに尋ねない?
なぜいかにもわかってるように、私に説明する?

今のところ、私の作成書類で
社外には迷惑はかかっていませんが・・・
(でも今後はわからない)

皆、Bossと話をしたくないらしく、苦情は全部私のところに。
毎日お叱りを受け、精神的に追い詰められてます。
そのたび謝罪の繰り返し。
人生でこんなに謝りまくったことは、かつてありません。

正しいやり方を教えてもらえない。→間違って、他部署からお叱り。

自分で他の人に尋ねに行く。→他部署にいやがられ、Bossからは
        「わからないことを他で聞くな!オレに聞け!」

仕方なくBossのやり方でやる。→間違って、他部署からお叱り。

どう転んでも「お叱り」はまぬがれない。
「気の毒ね」と同情してくれる人もいるけど、
立場上、おおっぴらにかばえないみたいだし。

当のBossは「いや~、新人ですからね。間違うんですよ~」
と、他部署にいいわけ。

この人の必殺技「人のせい」

そういう人だから、ここまで嫌われるんですね。
それだけが理由でもなさそうですが。

・・・このストレスでスティル再燃するか?

昨日書いた便秘の解消法は、「ストレス一発でアウト」だそうです。
恐るべし、ストレスの人体破壊力。

スポンサーサイト



 | BLOG TOP |