FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


ステロイドが切られてから、
これで当然副作用も消えると思っていましたが、
そう急になくなるものでもないんですね。

食欲は、プレドニン断薬許可がを出てからも衰えず、
病気前の食事量と比べると、はるかに多かったです。
自分でも「異常だ」と思いました。

体力が落ちて動けないし、だるいし、
関節も痛むのでそう無理に運動もできない。
リウマチ体操(リウマチの本を読んでて見つけた)をして
関節がちゃんと動くか、確認するくらいでした。

このころ話題になっていた
「ロデオ」(でしたか?)とか「ジョーバ」(でしたか?)を
「体重を減らすのにいいんじゃない~?歩かなくていいし」
と、すすめられましたが、
そのころのの自分の状態では、
振り回されて関節がバラバラになりそうで、
ちょっと無理そうでした。
すごく面白そうで、今でも興味はありますが。
めちゃくちゃに売れたそうですね。

病気前の服や下着は全滅に近く、
どれもこれもきつくなってしまって、入らない。

家にいるので、気楽なゆるい服を少し買い、しのいでいました。
ウエストはもちろん(!)ゴム。

若いとき、一番太っていたときでも
49kg台はぎりぎりキープしていましたが、
退院後50kgを超え、「とうとう・・・」と思いました。

しかし、デジタル体重計は容赦ないものですね。
「アンタの体重は今コレ!わかった?
 コンマ以下もばっちり表示してあげたわよ!」って感じで。

一方、アナログの針の体重計は
「あなたは今、大体こんな感じですが・・・
 微妙なところは気持ちで読んでいいですよ」
というおおらかさがあって、優しいものです。

異常な食欲は、だんだんゆるやかに、
本当にゆっくりとおさまっていき、
今はごく普通の食事量になりました。
プレドニン断薬後、3ヵ月位かかったと思います。

でもそれで体型や体重が元にもどると思うのは
甘かったのでした・・・

スポンサーサイト



タグ : プレドニン ステロイド 体重 体型 ロデオ ジョーバ

 | BLOG TOP |