FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


プレドニン初減量から1週間後、また5mg減量となった。
4錠。20mgである。

「CRPは0.9、フェリチンは206まで下がってますよ。
 CRPは陰性になりました」

ドクターKがクールな表情で言う。
ほお~、数値はここにきて大躍進。
思わず、顔が笑う。

トリル「先生、ありがとうございます」
Dr.K「良かったですね。もう少しですから。
   来週の検査では全部正常値になる予定です」

ええ~っ!予言ですか?

ナースに伝えると、
「さっすが~!自信まんまんのドクターK!」
と異常にウケていた。
ナースの間ではそういうキャラなの?

確かに動じる様子は見たことない。
まだ若いのにすごいと思う。
でも医者はそうでないと、患者はますます不安になるから、
あえてそうしているのかもしれない。
学生のような雰囲気でありながら、なかなかすごい人である。

骨髄穿刺も、前の部屋の人が
「ドクターKにやってもらったときは全然痛くなかったのに、
 違う人がやったら、すごく痛くて・・・」と泣いていた。
病室でやったので、悲鳴が聞こえていた。

痛いものだと決め付けていたけど、やる人によって違うのかな?
私も骨髄穿刺はドクターKではなかった。痛かった。

部屋を引っ越してヌシを卒業し、今度は私は新人である。
隣のベッドの人も、病室で骨髄穿刺をすることになった。
担当医は血液内科のドクターなので、お顔をあまり知らなかった。

隣のカーテンが閉められ、緊迫した空気である。
うう~、痛そうだな~。
こっちの体も緊張する。

しかし、静かなまま終わった。

トリル「ねえ、痛くなかったの?」
マナ「痛くなかったよ。え?普通痛いの?」

過去何回かやったことがあるそうだが、痛かったことはないらしい。
ラッキーな人ある。

この血液内科の先生は上手で、管を通すこともうまいらしい。
隣の人(マナさん※仮名 50代)は
病気のせいで血管がもろくなっているのか、
点滴がうまく入らず、液漏れしたり、詰まったり大変で、
朝夕抗生剤を入れなければならないのだけれど、
そのたび刺すことにしていた。

すぐ詰まるので、
「どうせ刺し直しなら、
 ずっと針をいれて点滴台にしばられているのもムダだし」
とマナさんは割り切り、そのたび刺し直すことにしたのだ。

しかし、うまく針が入らない。

ナースが苦労してもダメで、そのたびナースが交代し、
どんどん増えてベッドの周りは毎度人だかりになる。

外来の採血の上手なナースを呼んできて、
やってみたけどうまくいかない。
足も手の甲からも血管が取れなかった。

私だったらめげる所だけど、マナさんは強かった。
「いいよ、練習にもなるだろうし、どんどんやって」

針を何度も刺すことなど、問題のうちに入らないらしい。
このあとそれどころではない治療もあるし、
白血病の治療は、
昔一度経験しただけに壮絶だとわかっているという。
今はグーンと進歩しているらしいが、
昔の治療の仕方を教えてくれた。

聞いて言葉を失う。

結局、胸から管を通すことになった。
私は知らなかったが、これは医者しかやってはいけないそうだ。
管を通し終わり、
私や他の患者が「部屋からしばらく出ているように」指示される。

大きい機材が運び込まれた。レントゲンみたいな機械らしい。
針がきちんと入ったか、これで確認するという。
放射線を使うので、追い出されるんだろう。

「ちゃんと入ったかな~?」と血液内科の先生は口では言うが、
表情は余裕である。

部屋に戻ると、針はきちんと入ったそうで、
「マナさん、良かったですね~」と私も喜ぶ。
もう何度も針をささなくていい。

痛くなく針を刺すことができるのって、練習なのか才能なのか・・・?
患者にはものすごくありがたい技術である。

スポンサーサイト



 | BLOG TOP |