FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


体重が6キロ減となっても、ブドウ糖などの点滴はされなかった。

ひと昔前は体力を落とさないためか、
すぐに「ブドウ糖点滴」となったけど、
時代がかわったのか、この病院の治療方針なのか、
そうする気配はなかった。

『食べようと思えば食べられるはず』と思われていたのかな?
聞いてみようかと思ったけど、結局聞かずじまいだった。
余計なことかな?と躊躇してしまったので。

外が暗くなり始める頃、ボケーっとTVを観ていたら、
ドクターKが部屋に早足であらわれた。

Dr.k「トリルさあん!病名がわかりました!」

        !!!えっ?突然?

Dr.k「スティル病といいます」

        は?スティル病

Dr.k「膠原病の一種です。これはまだ確定ではありませんが、
   もう少し検査し、除外診断をしていきます。
   あくまで今の所『スティル病疑い』ということです」

        除外診断ってなに?

Dr.k「抗生剤を使っても数値が悪くなる一方ですので、
   効果はなしとみなし、投与を中止します。
   今はスティル病『疑い』のままですが、
   スティル病として治療を開始します。
   
   除外診断がしきれてないので、
   はっきり言ってフライングですが、
   体力がかなり落ちてますので急ぎます」

は、話についていけな~い!
しかし、聞きたいことがある。

トリル「ス、スティル病?って、どうしてわかったんですか?」

Dr.k「フェリチンの値が異常に高いので、ピンときました。
   これが特徴の病気があるんです。
   それについてはまた詳しく説明します。
   
   これからステロイド投与の治療に切り替えます。
   ステロイドについては薬剤師さんが来て説明しますので、
   よく聞いておいてください」

と早口で言って、びゅうっと風のように去っていかれた。
えーっ!ドクターっ!だから除外診断ってなにー?
フェリチンってー?

すぐにナースが来て、
抗生剤がまだビンの3分の1残っているのにもかかわらず、
さっさと外していく。

私はその様子を呆然と見ていた。

膠原病って何だったっけ・・・
スティル病って聞いたことないよ・・・

入院9日目のことだった。
スポンサーサイト



タグ : スティル病

 | BLOG TOP |